タスク形式が無料じゃなくなるの嫌だなぁ

ただいま、クラウドワークスなどでお仕事を受注していたりします。
しかし、タスク形式でお仕事をやっていて手数料が引かれないのがいいなぁって思ってやっていたのに今度6月からこのサービスが停止するとのこと。
タスク案件なんて、一件数十円の世界なのに手数料ここから引くの!?って感じです。
タスク形式の内容が低下したと建前では言ってますが、要するにクラウドワークス側に利益がないからやめたいって言ってるだけなんですよね。
まぁ、手数料無料がなくなっても仕事はするとは思いますが、他にはないサービスだったので魅力的だったのになぁと少し残念。
まとまった仕事を個人に発注してくださいねってことでしょうが、それなら、最初から仕事内容をチェックする仕組みを作ればいいのにって思いました。
ま、そんな人員をさける状態ではないって言っているようなものですし、クラウドワークスって確か赤字でも上場した企業だと思うので、大丈夫なのかな、と。
他のサービスと大差ないならランサーズとかサグーワークスとか類似サービスはいっぱいあるので、乗り換えっていうのもアリそうだなって単純に思ってしまいました。
ともかく、企業の体質とか性質の問題なのに、少し説明の部分がずるいなぁなんて感じたお知らせでした。