紅茶が好きだけど面倒なのが嫌い

コーヒーよりも紅茶が好きです。けれど「紅茶好き」という言葉はできるだけ使わないようにしています。とは言っても、しょっちゅう紅茶を飲んでるぐらいに、紅茶が好きではあるのですが、しかし「紅茶好き」は名乗りません。なぜなら、「紅茶好き」などと言いますと、紅茶にものすごく詳しいように思われる可能性がありますからね。



私の場合は、紅茶は好きなのですけれどいかんせん面倒くさがりやなので、ティーパックで入れていますから。いや、外で飲む場合は茶葉にはこだわってみたりはするのです。だってお店の人がいれてくれるわけですから。



しかし家の中では自分でいれなきゃいけませんからね。ですから、「いいや、ティーパックで」になるんですよね。そりゃあ高い茶葉は美味しいですけど、安いティーパックでも飲めないことはありませんし、なによりスッキリした感じの紅茶の味わいが好きなんですよ。



でも紅茶が大好きなんです。だから、紅茶はしょっちゅう飲んでいるんです。けれどおそらくものぐさすぎる性格が先立ってしまって、そして紅茶の茶葉を使わないままにしているのでしょうね。誰かいれてくれるならいいんですが。誰かにいれてもらえれば、よろこんで飲むんですが。