大人ぶった恋

私は今二度目の人生を歩んでいます。
俗に言う未亡人です。
色々落ち着いてきてさてどう生きていこうかと考えだした頃
バツ一の彼に出会いました。はじめましての時から気が合い年も近いからか気を使う必要もなく楽でした。彼も同じ匂いがすると、運命を感じたそうです。
彼は隣の県で会社の寮住まいでしたから会うのは月一度くらいです。交通網が不便でバスに乗り電車にいくつか乗り換えて三時間かけて私の住む町に来てくれます。
いつも仕事が終わってからこちらに向かい私が車で駅へ迎えに行き、ご飯を食べ宿に行きお酒を飲みに行くというパターンです。そして次の日の昼頃には帰って行くという。でもたまに二泊三日で遠出できる時もあって、そんな時は丸一日一緒にいられる事が嬉しくて。
彼にも仕事での立場がありますし寮住まいは周りとの付き合いも大切ですから
連絡は彼の都合で電話は週に一、二度、しかも数分です。
はじめは寂しかったですが、今では電話をくれる事、時間を作って会いに来てくれる事が彼の目一杯の気持ちだと思ってます。
時間をかけて来てくれる彼に愚痴や不満を言わない事。
笑顔一杯と思いやりを持って楽しい時間を過ごしてもらう事。
駅での見送りがどんなに寂しくても強がって笑ってさっと別れる事。
泣くのは一人の帰り道でと、いい年の大人だからと踏ん張ってます。